スポット紹介

恋するせんなん

梅の名所で知られる金熊寺梅林の近くにあります。濃い緑の参道を進むと、割り拝殿が、続いて石段の上に極彩色の本殿があらわれます。

天正年間に焼失したのち、江戸時代にこの地の豪族矢野氏が奔走し、五間社流造(桁行5間梁行2間)の立派な本殿を建てたと伝わります。江戸時代前期の建築では、大阪府最古級のものと考えられています。

昔、樽井の海岸に神武天皇の像が漂着し、里人が引き上げて、樽井の地に祀りましたが、のちに金熊寺に遷宮、明治の神仏分離政策により、金熊寺から分離独立し、信達神社となりました。

スポットの魅力

金峯・熊野の両神を勧請

恋するせんなん

古くは金熊寺大権現宮と称し、金熊寺の鎮守社でした。682年(天武天皇10年)、役小角が金峯・熊野の両神を勧請し本殿に合祀したものです。

天然記念物のナギ

恋するせんなん

信達神社本殿の前方に立っているご神木のナギは、府下最大のものと思われ、大阪府天然記念物に指定されています。樹高約19.5m、幹周約2.5mにも達する巨木です。(通常立入禁止区域になりますので、すぐそばには行けません。ご注意ください)

天然記念物のオガタマの木

恋するせんなん

割拝殿(わりはいでん・江戸中期の建築です)をぬけて右手奥にある「オガタマ」の木は、樹高約18m、幹周り約3m。こちらも大阪府の天然記念物です。モクレン科に属しており、本州中部以南の暖かい地域に自生する常緑の高木で、春先に白色の花をつけます。繁栄・幸福を招く木として、古くから神事にも用いられてきました。

基本情報

スポット名 信達神社
住所 〒590-0514 泉南市信達金熊寺795
時間 9:00~17:00
定休日 年中無休
駐車場 有り(12台)
アクセス JR阪和線「和泉砂川駅」または南海本線「樽井駅」下車 南海バス・金熊寺停下車、徒歩5分
備考

信達神社のナギ、オガタマを含む泉南市内の天然記念物についてのコラムはコチラ

近くの金熊寺梅林についてはコチラ←クリックしてください。

一覧に戻る