スポットの紹介

恋するせんなん

泉南市の山間部、東信達地区にある金熊寺(きんゆうじ)の梅林は約300年前から栽培されており、梅林の名所として古くから知られています。毎年、2月下旬~3月中旬が見頃で、春の訪れとともに咲く白い金熊寺梅が甘酸っぱい香を運び、周辺は多くの人々で賑わいます。

スポットの魅力

原敬も訪れた梅林

恋するせんなん

一大行楽地であった明治期、大物政治家 原敬(はらたかし)の「原敬日記」には、当時大阪毎日新聞の編集総理の職にあった原が、開業まもない南海電車に乗って観梅に訪れた事が記されています。

盆梅庭園

恋するせんなん

梅林の近くでは、見事な盆梅庭園(個人宅)も、見頃時期に無料公開されます。梅林とは違った梅の良さを味わうことができます。(コミュニティバス「金熊寺」バス停から北へ約250m。徒歩約3分)

基本情報

スポット名 金熊寺梅林
住所 〒590-0514 泉南市信達金熊寺地区
電話番号 072-483-8191(泉南市役所産業観光課)
時間 観光シーズン 2月20日頃~3月20日頃 
駐車場 有り(20台)
URL http://www.city.sennan.lg.jp/kanko/kanko/1459489635635.html
アクセス 金熊寺梅林組合の駐車場(20台。見頃時期有料)は、金熊寺区民会館(〒590-0514 泉南市信達金熊寺706−1)の南西すぐのところにあります。駐車場そばから梅林への遊歩道もあります。

JR阪和線「和泉砂川駅」下車、
泉南市コミュニティバス「さわやかバス」(山方面回り)「砂川駅前」バス停より約12分、「東小学校前」下車 徒歩2分

南海本線「樽井駅」下車、
泉南市コミュニティバス「さわやかバス」(山方面回り)「樽井駅前」バス停より約25分、「東小学校前」下車 徒歩2分

さわやかバス(山方面回りコース)の運行本数は1日6本です。
下記備考欄に記載の「泉南市さわやかバス」のリンクから時刻表をご確認の上お出かけ下さい。

備考

泉南市コミュニティバスの時刻表は下記リンクよりご確認下さい。

泉南市さわやかバス

梅林の開花情報は、毎年2月中旬から随時、下記の観光協会フェイスブックおよび本ウェブサイト開花情報ページで更新しています。

観光協会フェイスブック

せんなん花回廊 開花情報 梅情報

泉南市サイトの金熊寺梅林ページ

金熊寺梅林とともに「大阪みどりの百選」に選ばれているすぐそばにある信達神社のページはコチラ

 

 

一覧に戻る