MENU

カテゴリーから探す

タグから探す

  • 恋するせんなん

    お菊松の碑

    非業の死を遂げた豊臣秀次の娘お菊は、家臣の手によって逃れ、現在の阪南市に住む豪族の娘として育てられます。成人して紀州の代官と結婚したお菊は、大坂夏の陣で豊臣方についた夫のために密使を引き受け、大坂城までの道中、男装しようと髪を切り落としそれを松の木の根元に埋めたとされています。その松があった場所に、現在では石碑が建っています。

    山に恋する

  • 恋するせんなん

    泉南市立青少年の森

    自然に親しむことの少なくなった子どもたちに自然を肌でふれてもらうための学習施設です。宿泊もできますが、テント、炊さん用具、食べ物などは持参です。  

    山に恋する

  • 恋するせんなん

    畦の谷地蔵

    生い茂る木々の間の岩肌が常に湿っていてることから「汗の谷」と呼ばれたと伝えられており、また根来の僧が病気平癒の願いを混めて地蔵尊を刻んで祈念したことに始まるともいわれています。 現在では、学業成就、頭痛が楽になる「頭の地蔵」として親しまれています。

    山に恋する

  • 恋するせんなん

    玉ねぎの碑

    泉州地域で今も盛んな玉ねぎ栽培の歴史を語る碑です。明治中期から後期にかけ、泉州玉ねぎを流通ルートに乗せることに成功し、海外にも輸出した新家の森本徳松氏の功績を讃えています。

    歴史に恋する

  • 恋するせんなん

    善照寺

    開山は、南北朝時代と言われており、境内には樹齢300年という大きなイチョウの木があります。浄土真宗本願寺派(西本願寺)で、宝永2年(1705年)から始まる泉州お花講の行事は今も続いています。

    歴史に恋する

  • 恋するせんなん

    種河神社

    江戸時代初めに新社殿を建て、新家の各所にあった神社を合祀した本神社は、新家地区の融和の象徴です。1624年京都御室仁和寺より、種河明神の神号を授かりました。毎年春には美しい桜が人々の心を和ませてくれます。 白山神社も合祀されており、長年霊山として敬われた山頂に鎮座しています。

    歴史に恋する

  • 恋するせんなん

    旧庄屋・豪農 山田家住宅

    山田家住宅は、代々、庄屋職を務めた江戸時代からの豪農で村高1,600石を誇りました。泉南地域の数少ない豪農屋敷構えの構造が良く保存されていることから、平成14年には国の登録有形文化財に認定されました。現在では、毎月第4日曜日を一般公開日としています。

    歴史に恋する

  • 恋するせんなん

    海会寺跡

    約1350年前、白鳳時代に建立された巨大な寺院遺跡で、国の史跡に指定されています。幾度かの火事にあい、建物は残っていませんが、当時は大阪府内でも有数の法隆寺式伽藍配置の寺院でした。現在の寺院跡は公園として整備されており、また出土品は重要文化財に指定され、道を隔てて向かいにある埋蔵文化財センターに展示されています。

    歴史に恋する

  • 恋するせんなん

    泉南市埋蔵文化財センター

    白鳳時代の大寺院「海会寺」跡に隣接し、史跡から発掘された出土品を展示しています。出土遺物のうち302点が国重要文化財に指定されており、2階の常設展示室では海会寺の出土品を中心に文化遺産の情報を発信しています。また、歴史関連図書やビデオなどを自由に閲覧できる図書情報コーナーが利用できます。お土産にグッズも購入できます。

    歴史に恋する

  • 恋するせんなん

    厩戸の王子跡

    九十九王子社の一つで、明治40年に厩戸王子神社が一岡神社に合祀されて以降、現在の王子跡には石碑が残るのみとなっており、大阪府の指定史跡にもなっています。

    歴史に恋する

このページの先頭へ