MENU

カテゴリーから探す

タグから探す

  • 恋するせんなん

    花卉栽培

    泉南市は花卉栽培農家が多く、たくさんの花々が市外へ出荷されています。昭和初期まではたまねぎを広く栽培していましたがべと病の大発生で、徐々に花の栽培へ転換したのがきっかけです。アイリス、グラジオラス、ユリ等の切花を中心に「泉南市の花」としてブランドも確立しています。

    お土産・特産品

  • 恋するせんなん

    押し寿司

    五穀豊穣を感謝するお祭りなどで振舞われる泉南市のご馳走。木枠は大きく2升のものもあり、味付けは「しっかりめ」でとてもおいしい郷土料理です。

    お土産・特産品

  • 恋するせんなん

    泉だこ

    今、泉州地域をあげて応援しているブランドだこ。 大阪産(おおさかもん)に登録され、おいしさも保障付き!餌となるエビなどが大阪湾は豊富で、大阪湾で育ったたこは、ぷりぷりでジューシー。そんな泉だこを泉南市では、たこ焼き、たこ飯、たこの天ぷらなどで食します。

    お土産・特産品

  • 恋するせんなん

    アナゴ

    泉南市はアナゴの水揚げで全国でも有数のまちでした。 大阪湾の魚として広く知られ、泉南市では普段から食べる機会の多い魚です。白身はあっさりとしていて、ふんわりとやさしい味わいが特徴です。

    お土産・特産品

  • 恋するせんなん

    さといも

    泉南のさといもは、大正時代に河内地域の石川早生の種芋を栽培したことに始まり、以降は、先人の努力により栽培法も確立されました。そして昭和60年には、泉南の中野氏により石川早生から優良な形質を持つ品種が選抜され、「泉南中野早生」として品種登録をうけています。

    お土産・特産品

  • 恋するせんなん

    水なす

    泉州地域に江戸時代の初期から栽培されている、皮が非常に柔らかく水分を多くふくんだ茄子です。農作業の合間に手で絞り、茄子からでる水分で喉の渇きを潤したといわれていることから「水なす」とよばれるようになりました。皮は繊細で傷がつきやすく輸送が困難なため、昔は泉州地域のみの特産物でしたが、今は全国的に有名になり、浅漬けはお土産にも大変喜ばれます。

    お土産・特産品

このページの先頭へ