スポット紹介

恋するせんなん

江戸時代初めに新社殿を建て、新家の各所にあった神社を合祀した本神社は、新家地区の融和の象徴です。1624年京都御室仁和寺より、種河明神の神号を授かりました。毎年春には美しい桜が人々の心を和ませてくれます。
白山神社も合祀されており、長年霊山として敬われた山頂に鎮座しています。

スポットの魅力

湯神楽神事とは?

恋するせんなん

2月の湯神楽神事(ゆかぐらしんじ)は、巫女が舞い、湯神楽を奉納し、無病息災を祈念する神事です。その湯釜は分配され、参詣者へはぜんざい、甘酒の接待が行われます。

7月には祇園祭り

恋するせんなん

7月27日は夏の大祓、祇園祭りです。茅の輪くぐりをしてこれから半年間の厄除無病息災を祈る浴衣姿の参拝客でにぎわいます。長い緑の参道には提灯が灯され、多くの夜店が並ぶ、昔懐かしい情景が楽しめます。

基本情報

スポット名 種河神社
住所 〒590-0503 泉南市新家1087
電話番号 072-482-4351
定休日 年中無休
駐車場 有り(80台)
アクセス 種河)JR阪和線「新家駅」下車、徒歩約20分もしくはコミュニティバス新家方面回り「新家公民館」バス停より「新家宮」下車すぐ 
白山)JR阪和線「新家駅」下車 徒歩30分
備考

種河神社は、「花スポット」としてコチラでもご紹介しています。

夏の祇園祭の様子は、コチラ(平成28年度)コチラ(平成30年度)からご覧ください。

一覧に戻る