スポット紹介

恋するせんなん

社名にちなみ、チヌ(黒鯛)愛好家が供養と釣りの安全を祈願し全国から訪れる神社です。

熊野詣が盛んになる平安時代、庶民が八王子権現を勧請したのが起源とされています。豊臣秀吉の根来攻めで一度焼失しましたが、いまの社はその後再建されたものです。

400年前の社殿は、今でも桃山建築の様式を伝えています。

スポットの魅力

釣りのお守りとおみくじはマスト!

恋するせんなん

釣りを楽しむようにおみくじをひく事ができます。おみくじが入ったチヌを釣竿で吊り上げる「ちぬみくじ」や、チヌをモチーフにした可愛いお守りがたくさんあります。

「茅渟」の由来

恋するせんなん

大阪湾は古くは「茅渟の海」と呼ばれていました。約2,600年前、神武天皇東征の際、傷ついた兄の五瀬命が近くの「山の井」で血を洗い、海が血で染まり「血の沼」となった事が「茅渟」の由来です。茅渟湾(大阪湾)でよく揚がる「チヌ鯛」(黒鯛)の大漁祈願に、全国から釣り人が訪れます。

秋祭り渡御

恋するせんなん

秋祭りの渡御形態は大阪唯一です。茅渟神社からやぐらが出発します。大人が担ぐみこし、お稚児さん、子供やぐらが参加し、海のお旅所にて祭典がおこなわれます。やぐらの笛の音色は全国唯一です。

奈良利の石灯篭

恋するせんなん

樽井の名工・奈良利兵衛作の石灯籠です。 奈良利兵衛は、「石の左甚五郎」と呼ばれるほどの腕前をもち、幕末に活躍した名石工で、ここ樽井には、他にも専徳寺に天水桝、南泉寺に香炉が残っています。

基本情報

スポット名 芧渟神社
住所 〒590-0521 泉南市樽井5-11-9
電話番号 072-483-5041
定休日 年中無休
駐車場 有り(10台)
URL http://www.geocities.jp/chinu_jinjya/
アクセス 南海本線「樽井駅」下車 徒歩7分

一覧に戻る