紹介

恋するせんなん

泉州地域に江戸時代の初期から栽培されている、皮が非常に柔らかく水分を多くふくんだ茄子です。農作業の合間に手で絞り、茄子からでる水分で喉の渇きを潤したといわれていることから「水なす」とよばれるようになりました。皮は繊細で傷がつきやすく輸送が困難なため、昔は泉州地域のみの特産物でしたが、今は全国的に有名になり、浅漬けはお土産にも大変喜ばれます。

こだわり

恋するせんなん

水分が多くてやわらかく、甘みも多く含みます。
アクが少ないため、生でも食べることができます。浅漬けやじゃこごうご(水なすの古漬けとえびじゃこを甘辛く煮た郷土料理)など、ご飯やお酒のお供にぴったり。

一覧に戻る