MENU

カテゴリーから探す

タグから探す

  • 恋するせんなん

    国史跡・海会寺跡広場の桜

    国の史跡である白鳳時代の古代寺院「海会寺(かいえじ)」跡には、建設に携わった豪族の屋敷跡を見ることができる広場や散策路があります。ここは、春になると広場一面が桜の花で覆われます。また、回廊跡では、一部復元された柱廊、五重塔基壇を背景に枝垂れ桜が優雅な姿をみせます。

  • 恋するせんなん

    林昌寺 (Rinsho-ji Temple) のツツジ・サツキ

    林昌寺(りんしょうじ) (Rinsho-ji Temple) の山号は「躑躅山」といい、平安時代後期、堀河天皇が行幸のおり、山躑躅(つつじ)が見事であったことから、山号を躑躅山と改めたという歴史があります。京都・東福寺「本坊庭園」等で知られる昭和を代表する作庭家 (landscape architect)・重森三玲(しげもりみれい -SHIGEMORI Mirei)作のモダンな寺庭では、毎年5月、ツツジに続いて美しく刈り込まれたサツキが見頃を迎えます。庭は昔、躑躅丘と言われた丘陵の一角であり、山の斜面を利用した見事な景観です。

  • 恋するせんなん

    熊野街道信達宿 梶本家の野田藤

    古い街並みが残る熊野街道にある梶本さんのお宅では、樹齢40年を超える1本の野田藤が毎年4万房もの花房をつけます。藤が満開を迎える毎年4月には「ふじまつり」が開催されます。まつり期間中は、藤棚のそばに観賞台が設置されます。眼下に広がる藤の花は、まるで紫の雲海のようで圧巻です。また会期中のイベントデーには中庭でミニコンサートなどが開催されます。

  • 恋するせんなん

    長慶寺の紫陽花

    市内を一望する小高い丘に位置する長慶寺は別名「あじさい寺」と呼ばれ、梅雨時には、厄除けの石段として知られる山門までの100段の石段沿いをはじめ、境内を紫陽花が見事に彩ります。

カテゴリーから探す

このページの先頭へ