スポット紹介

恋するせんなん

行基開山の真言宗の古刹。清雅な佇まいの境内では、山号(躑躅山)にもなっているツツジが、毎年4月下旬に色づき始めます。ツツジのあとは、京都・東福寺の方丈庭園などでも知られる昭和を代表する作庭家・重森三玲氏の「法林の庭」でサツキが見頃を迎えます。

スポットの魅力

造園界の鬼才「重森三玲」

恋するせんなん

岡山県出身の造園界の鬼才「重森三玲」(1896 - 1975)が昭和36(1961)年につくった庭です。関西では、京都に有名な作品が多く、泉州では岸和田城の八陣の庭などが知られています。一時は泉南市内に4箇所あったという三玲氏の庭も現在ではここ一箇所となっています。

補陀落渡海碑や仏足石

恋するせんなん

寺庭の法林の庭の傍らには1565年の銘がある「補陀落渡海碑」や「仏足石」があります。仏足石は、全国でも百ほどの例が知られるのみで、また裏山では弥生時代の銅鐸が見つかるなど、歴史的に重要な寺です。

火渡り神事

恋するせんなん

1月には、境内の愛宕山山頂で山伏による紫燈大護摩供(さいとうおおごまく)が行われます。修験道の護摩焚きで野外において山伏が生木や柴などを積み上げて火を焚き五穀豊穣、風雨順次、国家安泰、家内安全等を祈願するものです。その後、まだ熱い炭の上を歩き災難厄除けを祈る「火渡り神事」が行われ、一般の参詣者も参加することができます。

基本情報

スポット名 真言宗御室派 躑躅山 林昌寺
住所 〒590-0523 泉南市信達岡中395
電話番号 072-483-2705
定休日 年中無休
駐車場 有り(40台)
アクセス 【電車】 JR阪和線「和泉砂川駅」徒歩約30分
備考

林昌寺については、「花スポット」としてこちらのページでもご紹介しています。

雪景色の林昌寺の写真アルバムは、コチラからご覧下さい。

一覧に戻る