スポット紹介

恋するせんなん

聖武天皇の勅願寺であり、行基の草創であると伝えられています。
6月には、参道石段の両脇や二つのアジサイの谷をはじめ、全山がアジサイで彩られることから、アジサイ寺とも呼ばれ、プロ・アマチュアを問わず多くのカメラマンが訪れます。
また、高台にある本寺からは泉南市を一望でき、さらには関西国際空港や淡路島も望む事ができます。

スポットの魅力

寺名の由来

恋するせんなん

秀吉の根来攻めの際焼失した海会宮寺で唯一焼け残った観音堂を、慶長年間に豊臣秀頼の命により移築、当時の年号を逆にとり「長慶寺」としたのが始まりと伝えられています。本尊は行基自作の秘仏であり、60年に1度の御開帳となっています。

境内

恋するせんなん

境内には開山堂や西国33箇所、阪東33箇所、秩父34箇所の本尊観音石仏を祀った御堂などがたたずんでいます。

山門の仁王像

恋するせんなん

威厳と愛嬌のある仁王像も必見です。

基本情報

スポット名 宗教法人 長慶寺
住所 〒590-0504 泉南市信達市場815
電話番号 072-483-2692
定休日 年中無休
駐車場 有り(100台)
アクセス JR阪和線「和泉砂川駅」下車 徒歩25分、JR阪和線 「新家駅」下車 コミュニティバス一丘方面回り「「新家駅」筋」バス停より「市場青年会場前」下車 徒歩10分

一覧に戻る