紹介

泉南のさといもは、大正時代に河内地域の石川早生の種芋を栽培したことに始まり、以降は、先人の努力により栽培法も確立されました。そして昭和60年には、泉南の中野氏により石川早生から優良な形質を持つ品種が選抜され、「泉南中野早生」として品種登録をうけています。

こだわり

見た目も味も抜群!

泉南市産のさといもは食物繊維が豊富できめ細かく、質の高さから料亭などでよく使われています。
旬は9~11月ごろで、中でも丸くて形のよいものは十五夜のお月見のお供えに使われ、別名「月見芋」と呼ばれて親しまれています。

お土産に「さといも焼酎 せんなん」

恋するせんなん

市場に流通することのない親芋を使用した「さといも焼酎 せんなん」が登場。芋の独特の香りとすっきりとした飲み口が特徴です。

基本情報

備考

販売予定の「サザンぴあ」の紹介ページはこちらです。

一覧に戻る