スポットの紹介

恋するせんなん

白鳳時代の古代寺院「海会寺(かいえじ)」跡には、建設に携わった豪族の屋敷跡を見ることができる広場や散策路があります。ここは、春になると広場一面が桜の花で覆われます。また、回廊跡では、一部復元された柱廊、五重塔基壇を背景に枝垂れ桜が優雅な姿をみせます。

基本情報

スポット名 海会寺跡公園の桜
住所 〒590-0505 大阪府泉南市信達大苗代 374-4
駐車場 無し
アクセス 南海本線「岡田浦駅」徒歩約35分
JR阪和線「新家駅」徒歩約20分
備考

海会寺跡については「歴史に恋する」内のこちらでもご紹介しています。

桜の開花情報については、毎年見ごろが近づくと、「せんなん花回廊 開花情報」のページに掲載しています。

一覧に戻る