MENU

カテゴリーから探す

タグから探す

  • 恋するせんなん

    マーブルビーチ

    白い大理石を敷き詰めた珍しいビーチ。美しい夕陽を楽しむことができ、平成18年には「恋人の聖地」に認定され、週末には多くのカップルや家族連れでにぎわいます。

    海に恋する

  • 恋するせんなん

    サザンぴあ

    関空島の対岸、「恋人の聖地」マーブルビーチ前にオープンした泉南市の総合交流拠点で、地域資源を活かした産品を紹介、提供しています。ここから望む「夕陽百選」の夕陽や関空島は絶景です。

    海に恋する

  • 恋するせんなん

    岡田浦漁港

    毎週日曜日の朝7時から午後1時ごろまで、新鮮な海の幸が買える日曜朝市が開催されています。また、予約をすれば地引網体験、海鮮バーベキュー、関空クルージングも楽しめます。

    海に恋する

  • 恋するせんなん

    泉南市の歴史街道(2)浜街道

    泉南市内には歴史的に重要な五つの街道が走っています。 2つ目の街道としてご紹介するのは「浜街道」です。江戸時代、大坂と和歌山とをつなぐ、紀州街道のうち、鶴原(泉佐野市)で分岐し、海岸沿いに進むルートがこの街道でした。孝子(きょうし)道」としても知られています。一時は、紀伊藩主および家中の往来などの通行量が信達を通る熊野街道(小栗街道)よりも多かったようです。

    歴史に恋する

  • 恋するせんなん

    里外神社

    仁徳天皇(在位313-399年)の代に呉服(くれは)大明神を産土神として創立された社です。呉服大明神は、大阪池田市の呉服神社(くれはじんじゃ)に祀られている事でも知られている、呉の国から渡来し日本に機織(はたおり)技術を伝えたとされる織姫で、「機織」の守り神として崇敬されています。 また、境内に残る王餘魚淵(かれいがぶち)には、後鳥羽上皇に献上した「岡田ガレイ」が飼育されていたといわれています。現在のご祭神は素戔嗚尊(スサノオのミコト)です。

    歴史に恋する

  • 恋するせんなん

    鹿島神社

    集落の中にある緑の多い落ち着いた境内です。創建年・由緒は不明ですが、ご祭神は宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)、又の御名を豊受姫之大神。食べ物を掌る神であり、住居の守り・商工業の守護神で、伊勢神宮の外宮にお祀りされている御祭神と同神です。

    歴史に恋する

  • 恋するせんなん

    泉南市の煉瓦遺構(2)鳴滝の煉瓦の社

    鳴滝地区には、三和煉瓦製造所があり、昭和47年に廃業するまで煉瓦製造が盛んでした。地元の村民はほどんどが副業として煉瓦作りに携わっており、当時が偲ばれる煉瓦遺構が地区のあちこちに残っています。写真は、三和煉瓦製造所のお稲荷さんです。台座には自社製の赤煉瓦、参道には自社工場にあった「輪環(ホフマン)窯」の部材が使われているそうです。

    歴史に恋する

このページの先頭へ